LOG IN

広島市の中心部あたりは徒歩の移動がオススメな。

by みっちゃん

この記事はたまに広島 Advent Calendar 2016の参加記事です。

さて、年末です。

今年の8月から今の仕事を始めてから12月半ばの今日までの間、非常にたくさんの出会いや発見がありました。アドベントカレンダーに参加するにあたりその辺りのことを書こうかなと思っていましたが、ふと思いついて広島市内中心部での移動手段について書いてみようと思います。

市内中心部の主な交通手段としてまず思い浮かぶのが、広島電鉄の各路線ですね。新旧様々な車両が入り乱れる風情豊かな路面電車として、観光客にも人気です。しかしながら、広島でビジネスをする人間にとっては、1つ大きな欠点があります。

「遅い」

そう、速度が遅いのです。細かく設定された電停に各駅停車で停まり、なおかつ信号にも引っかかります。路線によっては10分間隔だったりするので自転車の方が早いことも多くあります。車だと7〜8分の距離を移動するのに15〜20分くらいかかるケースもしばしば。せっかちな私は「あと9分」などと書かれた表示盤を見た瞬間、絶望すら感じてしまいます。さらに「まもなく」と書いてあるにもかかわらず2分以上電車がこない場合など、怒りを抑えることができません。
そのためか、社用に自転車を用意している会社もあるほどです。ただし、自転車で移動する場合は駐輪場を探さないといけないという問題がついてきます。また、市内中心部は十分に駐輪場が整備されているとは言えず、歩道などへの違法駐輪が目立つのも事実です。

そこで、私がオススメするのが「徒歩」です!
実は、市内中心部は徒歩で移動してもさほど時間はかかりません。例をあげると・・・

・広島駅〜八丁堀 → 約15分
・八丁堀〜基町 → 約10分
・市役所〜紙屋町 → 約15分
・紙屋町〜横川駅 → 約30分

どうでしょう、結構余裕で歩けそうな気がしませんか?特にこれからの季節、流川あたりで飲んでから広島駅に向かうというパターンも多いと思います。わざわざ電車に乗るよりも、酔い覚ましに歩いた方が時間も予測できるし、遅い電車にイライラする必要も無くなります。

さて、そんな徒歩ライフですが広島を歩く上で幾つかのポイントがあります。知っていると知らないのとでは、歩く距離に結構な差が出てきます。

  1. 川沿いの道は斜めに進む
  2. 交通量の多い道路では横断歩道がない交差点もある
  3. 公共施設を通ってショートカットする

順番に説明していきたいと思います。
まず、川沿いの道です。広島市内は幾つかの川が流れており、徒歩の場合はほぼ川の両岸にある道を使うことができます。歩行者専用の歩道は信号もなく快適に歩くことができる一方、必ずしも南北にまっすぐ進めるわけではありません。この特性を理解せずに感覚に頼って歩いてしまうと、余分な距離を歩いてしまう結果になります。
逆に上手く斜めに進むことができれば、時間の短縮につながります。例えば、紙屋町方面から横川駅に歩く場合は、相生橋の所から川沿いを北上すると、路面電車沿いの道を歩くよりも短い距離で移動できます。
(川沿いの道は、景色も良く散歩コースとしてもおすすめです!)

次に、城南通り、鯉城通り、相生通り、などの交通量の多い道路には横断歩道が設定されていない交差点が幾つかあります。そのため、地図だけを見てルートを設定すると、道を渡るために大回りをする羽目になってしまいます。特に広島城近辺では、地下道がどのように設定されているか、どの交差点に横断歩道があるかを事前に把握しておく必要があります。下の写真のように、合同庁舎南側から中央公園までの区間は横断歩道がないため、地下道を通るか、事前に城南通りを渡っておく必要があります。

Google Mapの経路検索ではこの辺りもしっかり考慮されているようなので、参考にしてください。

最後に、公共施設の中を通ることでショートカットになるケースが幾つかあります。
距離を稼げるのは、平和公園、中央公園、広島城などの大きな公園や、グリーンアリーナ周辺の公共施設からパセーラあたりの地下通路、広島県庁や合同庁舎などの敷地が広い公共施設などがあげられます。

また、広島駅周辺の地下道や橋を通る時も目的とする方向によって最適な出入り口を利用するよう心がけましょう。特に、八丁堀方面から広島駅でJRにのる場合には、路面電車の軌道沿いを歩くと大きく距離のロスが発生してしまいます。幟町を斜めに進みながら城南通りに出て、上柳橋の左側にある歩道(写真を参照)を渡って、広島東郵便局方向から駅に入るのがオススメです。時間帯によっては東郵便局の所から地下道に入って地下からJRホームに入る方法が早い場合もあります(時間によっては地下改札が使えないので注意が必要です)。

いかがでしたでしょうか?
上に挙げた3つ以外にも、歩行者が多い相生通りは歩くのが遅い人が多く高速歩行に向いていない、シャレオの出口は階段が順方向についているとは限らないため出口を見極める必要がある、本当はよろしくないけどビルや店などが通り抜けできるところがある、など色々とポイントはあります。

街を実際に歩いてみると、新しい店や、意外な良い景色が発見でき、何より気分転換になります。渋滞や信号待ちでイライラしてしょうがないというあなた、広島市内を徒歩で制覇してみましょう。
ただし、宇品や安佐南区方面、五日市、府中、などなど郊外方面は徒歩ではちょっとツライところもあるので地図をよく見て、まずは住んでいるところや職場の周辺から徒歩ライフをスタートしてみてください。

<注意>決して路面電車をDisっているわけではありません。急がない時はしばしば利用させていただいております。


みっちゃん
OTHER SNAPS